私たちのサービス

国際IT ソフトウェア開発 インターネットアウトソーシングサービス

ビデオセルフメディア経営

業務内容:Facebookファンの管理、メディアビデオ制作、インターネット製品海外進出、個人ビデオメディアの運営。

Facebookファンの管理:ブランドイメージの正確な位置付け、ファンの垂直方向の管理とユーザーシステムの正確な位置付けに力を入れて、グループの潜在的な価値を発掘し、ユーザーの日々の訪問数を増やし、全システムを活性化させる。 メディアビデオ制作:撮影から編集まで、メディアビデオ制作の一連サービスを提供する。数多くのページとグループをまとめて利用することで宣伝には半分の労力で倍の成果をあげられる。 インターネット製品海外進出:アカウントの作成から、ページのデザインや情報の収集、許可権の分配まで、および統合的な運営、世論監視をして、製品の社交体系を作り、海外進出に完璧なエコシステムを作成する。

未来市場の核心を追いかける

ゲーム

《謎々遊ぼう》《曲名クイズ》《ジャンプ!ジャンプ!》『全国民の占い』 『全国民は飛行機を打ち!』などゲームが所有しています。国際的なゲームの分野で一流の地位を占めている。

謎々遊ぼう

《謎々遊ぼう》が謎々、クイズなどを含め、質疑応答フォームでクリアするゲームです。左脳の潜在エネルギー引き出すとこができます。

約1000万人がダウンロードしました

曲名クイズ

《曲名クイズ》が指定される時間内で、早速に正しい曲名を選ばれるゲームです。《曲名クイズ》がここで待ってますから、挑戦してみましょう。

約1000万人がダウンロードしました

ジャンプ!ジャンプ!

《ジャンプ!ジャンプ!》が、大人気の携帯ゲームです。とても簡単で、長押し、上げて、長押し、上げて、繰り返しているうちに、ゲームの楽しみを体験していただけます。

『全国民の占い』

『全国民の占い』は、爆発的な人気で現れた!。あなたは水瓶座?蠍座?また魚座?早く味わってみてくださいね!一旦すると、絶対に楽しんで止まらないよ!

『全国民は飛行機を打ち!』

『全国民は飛行機を打ち!』は、飛行機を射撃するゲームです。今、大人気を集めて、ホットな格闘のシーンや顕著の眩しい効能で、あなたに全面な震撼をもたらして!

APP

APPとは、主な5つのオリジナル、カバー、ミキシング、現場、メドレーの種目を含んで、数が多い副次的な種目を組み合わせております。音楽好きな方を満足することを目指しています

atMUSIC

atMUSICは、音楽好きな方を対象として開発した音楽種目です。我が社は強烈な使命感を持って、最も先進的なインターネット科学技術を運用して、音楽の探索を強化して、音楽好きな方に惚れた音楽を掘ることに深く入らせます。

全世界で約1000万のダウンロード数

核心

理念

精密化サービス

無為

ビジョン

最も事業精神のあるソフトウェアアウトソーシングサービス供給業者

無為

使命

企業の巨人を私たちの肩に立たせます。

無為

精神

専門、高効率、細かいソフトウェアのアウトソーシングサービス

無為

理念

人がその才能を十分に発揮し、人を中心とする

「Nothing Technology Incはソフトウェア開発、インターネット応用、IT人材サービスの国際的なアウトソーシング会社です。私たちは「最も事業精神であるソフトウェアのアウトソーシングサービス供給業者」に力を入れて、世界のお客様に高品質の企業CRM、OA、ERP、B2Bなどのシステムソフトウェア開発アウトソーシングサービスと「人材サプライチェーン」をガイドとするソフトウェア人材派遣サービスを提供して、ソフトウェア開発、システムインテグレーション、ソフトウェアテスト、企業応用プラットフォーム建設とメンテナンス、ITサービスのアウトソーシングとビジネスプロセスのアウトソーシングなどを含む。「精密化サービス」の理念を受けて、私達はソフトウェアのアウトソーシングサービスを通じて各業界の革新発展を推進し、集団の強大な教育資源の優勢を統合して、ソフトウェア開発人材派遣サービス、IT人材育成、プロジェクトの実際訓練、大学生実習のプラットフォーム建設などの多方面で同時に発展して、更に完備なサービスとして、企業にソフトウェアプロジェクト、人材資源方面の解決方案を提供する。異なる業界の企業がソフトウェアのアウトソーシングとIT専門人材の要求を満たしている。Nothing Technology Incは業界内の多くの有名な企業と長期的に安定した人材協力関係を保持している。Nothing Technology Incは専門、高効率、細かいソフトウェアのアウトソーシングサービスで、客に迅速にプロジェクトの進度の遅滞、企業の応用プラットフォームの建設の需要、人材不足などの問題を解決して、それによって更に基幹事業の発展に集中して、収益の最大化を達成して、各々が利益を得ることができる。